もしも羽生善治がこの世に存在しなかったら ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

もしも羽生善治がこの世に存在しなかったら

1:名無し名人:2014/09/25(木) 21:18:10.85 ID:Ij31F/lY.net
専ブラに反映されなかったので、こちらで立てさせてくださいませ。

もしも羽生善治がこの世に存在しなかったら、タイトルのゆくえはどうなっていたのか。
羽生さんとタイトル戦で対戦し、
敗れた棋士をタイトル獲得者として通算タイトル数を計算してみました。
ちょっとしたお遊びとして、おつきあい下さい。


2:名無し名人:2014/09/25(木) 21:19:22.90 ID:t8B6yiaO.net
凡例

計2期(1) 50%

計に続く数字が架空を含めたタイトル数。()内は実際に獲得したタイトル数。% は実際に獲得したタイトル数を、羽生さんが存在しなかったら取れていたはずの架空タイトル数で割った数字になります。

棋聖 1(0)

タイトルに続く数字が架空を含めたタイトル数。()内は実際に獲得したタイトル数になります。

では、通算獲得数2期以上の棋士から、ベストテン形式で発表します。

なお人物紹介文は一部(ほとんど)ウィキさんからです。


3:名無し名人:2014/09/25(木) 21:21:14.76 ID:S1x5ua7y.net
 まずは、29位から、

●29位 中村修

計2期

羽生とのタイトル戦はなし

王将2(2)

 昭和55年に四段に昇段(プロ入り)した強豪グループ、いわゆる「55年組」の一人。

 1981年度、初参加の第40期順位戦C級2組で10戦全勝とし、1期でC級1組へ昇級。第9回将棋大賞で新人賞を受賞。中村以降、初参加の順位戦で全勝を記録したのは、2012年現在富岡英作と船江恒平しかいない。


4:名無し名人:2014/09/25(木) 21:22:28.91 ID:bw5iQlF5.net
●29位 山田道美

計2期

羽生とのタイトル戦はなし

棋聖 2(2)

 打倒大山に激しい闘志を抱いていた悲運の棋士。

 1970年に現役A級在位のまま特発性血小板減少性紫斑病により36歳の若さで急死。6月6日の対大山戦が最期の対局となった。

 関根茂らと振り飛車撃破を命題とする実戦中心の研究会を作った他、奨励会の若手たちと山田教室と呼ばれるグループを作り、後に盛んとなる研究会の基を築いた。弟子は持たなかったが、多くの奨励会員に大きな影響を与えた。
 当時山田の研究会に参加していた若手棋士や奨励会員に中原誠、青野照市、田丸昇、菊地常夫、沼春雄らがいる。


5:名無し名人:2014/09/25(木) 21:24:04.92 ID:6rdRtF2w.net
●29位 広瀬章人

計2期(1)50%

王位 2(1)

 ごぞんじ振り穴王子。

 早稲田大学在学中に初タイトル・王位を獲得した。大学生のタイトル獲得は史上初である(当時4年生・在学6年目)。

 これからに期待。


6:名無し名人:2014/09/25(木) 21:25:06.14 ID:IwgdZyhh.net
●29位 中村太地

計2期(0)0%

棋聖 1(0)
王座 1(0)

 幼少時の夢はFBI捜査官。

 2011年度、勝率0.8511(40勝7敗)を記録し、第39回将棋大賞の勝率1位賞を受賞。勝率8割5分以上は中原誠が1967年に記録した 0.8545(47勝8敗)以来史上2人目で、史上2位の高率。


8:名無し名人:2014/09/25(木) 21:48:52.36 ID:1/MSOagg.net
●25位 福崎文吾

計3期(2)66.6%

十段 1(1)
王座 2(1)

 第39期王座戦で谷川浩司から王座を奪取。このタイトルは翌年羽生善治に奪われたが、その後羽生は王座のタイトルを19期に渡り保持し続ける事となる。いつしか「福崎は前王座を19連覇中」「福崎文吾名誉前王座」とのジョークまで生まれた。


9:名無し名人:2014/09/25(木) 21:50:37.57 ID:6rdRtF2w.net
●25位 森けい二

計3期(2)66.6%

棋聖 1(1)
王座 1(1)
王位 1(0)

 将棋を覚えたのが16歳の頃と遅かったが、近所の将棋クラブでひたすら将棋を指し続け、僅か半年でアマ三段の実力にまで上達する。
 森は「この期間は夜の11時まで夕食もとらずに将棋を指し続けた」と語っている。戦前はいざ知らず、森以降の世代で、これほどの「晩学」で名人位挑戦、タイトル保持まで進んだ棋士は他にいない。
 終盤において強さを発揮し、「終盤の魔術師」と呼ばれる。


10:名無し名人:2014/09/25(木) 21:51:24.49 ID:S1x5ua7y.net
●25位 三浦弘行

計3期(1)33.3%

名人 1(0)
棋聖 2(1)

 みうみう。

 1996年の棋聖戦で2年連続挑戦者となり、当時七冠を独占していた羽生を3勝2敗で破って初のタイトルを獲得した。
 羽生七冠の一角を崩した棋士として、一躍、時の人となる。


11:名無し名人:2014/09/25(木) 21:53:18.36 ID:HsOkEgBI.net
●25位 木村一基

計3期(0)0%

棋聖 1(0)
王座 1(0)
王位 1(0)

千駄ヶ谷の受け師。

 プロ入り(四段昇段)したのは1997年4月1日、23歳のときという遅咲き。
 プロになってからの勝率は非常に高く、棋士仲間の間で「勝率君(しょうりつくん)」と呼ばれていたことがある。
 通算500局以上対局している棋士の中で通算勝率が7割を超えているのが羽生善治と木村の2名だけという状態が長く続いた。


12:名無し名人:2014/09/25(木) 21:57:11.75 ID:L/GpE2ym.net
●20位 内藤國雄

計4期

羽生とのタイトル戦はなし

棋聖 2(2)
王位 2(2)

 棋士の中で最も歌が上手く、歌手の中で最も将棋が強い人物。

 「空中戦法」の名称で知られる「横歩取り3三角戦法」は、将棋大賞で1994年度から新設の「升田幸三賞」の第1回受賞対象となり、また、後に流行する「横歩取り8五飛」にも影響を与えた。


13:名無し名人:2014/09/25(木) 21:58:03.83 ID:S1x5ua7y.net
●20位 桐山清澄

計4期

羽生とのタイトル戦はなし

棋聖 3(3)
棋王 1(1)

 攻めの棋風であるが、銀を巧みに用いる事からニックネームは「いぶし銀」。風貌から「カラス天狗」ともいわれる。
 プロとなった弟子に、矢倉規広と豊島将之がいる。


14:名無し名人:2014/09/25(木) 21:58:56.87 ID:qcW4LLRF.net
●20位 屋敷伸之

計4期(3)75%

棋聖 3(3)
王位 1(0)

 若手時代は変幻自在な指し回しから「忍者屋敷」、「お化け屋敷」との異名を付けられた。

 第56期(1990年度前期)の棋聖戦で18歳6か月で初タイトルを獲得(タイトル獲得の最年少記録)。
 前年に羽生善治が作ったばかりの史上最年少タイトル獲得(竜王、19歳)の記録を1年足らずで塗り替えた。また、プロデビューから1年10か月での初タイトル獲得も、歴代最速である。


15:名無し名人:2014/09/25(木) 21:59:50.51 ID:6uLM1mw9.net
●20位 丸山忠久

計4期(3)75%

名人 2(2)
王座 1(0)
棋王 1(1)

 居飛車党。序中盤でリードして逃げ切る戦い方、接近戦を得意とする。
 優勢になってからも勝ちを急がず、相手の手を殺す方針を貫く手堅い棋風は、「激辛流」あるいは「友達を無くす戦い方」と言われる。


16:名無し名人:2014/09/25(木) 22:01:01.14 ID:6rdRtF2w.net
●20位 森下卓

計4期(0)0%

名人 1(0)
王将 1(0)
棋王 2(0)

 若手時代に6回もタイトル戦の挑戦者になりながら一度もタイトル奪取できず、無冠の帝王と呼ばれ、そのことは「将棋界の七不思議」の一つとも言われた。
 タイトル獲得無しの挑戦6回は、最多記録である。
 タイトル獲得がないまま30代のうちに「八段昇格後250勝」の規定で九段昇段という珍記録を達成した(2000年以降では初)。


17:名無し名人:2014/09/25(木) 22:10:31.29 ID:rfjl7OQ+.net
●18位 二上達也

計5期

羽生とのタイトル戦はなし

王将 1(1)
棋聖 4(4)

 打倒大山を目指した函館の天才。
 大山とは、通算で45勝116敗。タイトル戦では20回対戦し奪取2・防衛0・敗退18であるが、大山の五冠独占を2度崩した。
 1989年から2002年にかけて日本将棋連盟会長を務める。


18:名無し名人:2014/09/25(木) 22:11:39.59 ID:1/MSOagg.net
●18位 島朗

計5期(1)20%

竜王 2(1)
棋聖 1(0)
王座 2(0)

 「55年組」の一人。
 若手との研究会や、パソコンによるデータ管理など、将棋界に新風を吹き込んだ(当時は研究は一人で行うのが普通であった。)。
 中でも、羽生善治・佐藤康光・森内俊之が参加していた「島研」(1986年(昭和61年)頃から1990年(平成2年)頃まで)は伝説的研究会といわれる。
 島研のメンバーはのちに全員が竜王位を経験し、島以外は全員が名人位についた。


19:名無し名人:2014/09/25(木) 22:25:28.31 ID:t8B6yiaO.net
●15位 高橋道雄

計6期(5)83.3%

十段 1(1)
王位 3(3)
棋王 2(1)

 みっち。

 「55年組」の一人。
 五段でのタイトル獲得(王位)は当時までの最低段記録。十段戦が竜王戦に移行したときの、最後の十段在位者。


20:名無し名人:2014/09/25(木) 22:26:36.09 ID:Ij31F/lY.net
●15位 深浦康市

計6期(3)50%

棋聖 2(0)
王位 4(3)

 順位戦における不運男。
 9勝1敗で昇級を逃した経験が2度ある棋士は、順位戦の長い歴史の中でも深浦だけ。
 また、A級順位戦で4勝しながら降級した経験が2度ある棋士は、順位戦の長い歴史の中でも深浦だけである。


21:名無し名人:2014/09/25(木) 22:27:17.95 ID:kZAz+Ssi.net
●15位 塚田正夫

計6期(6)

羽生とのタイトル戦はなし

名人 2(2)
九段 4(4) 永世九段

 実力名制第2代名人。永世九段。名誉十段。
 B1に陥落して現役を続けた最初の名人経験者(後に加藤一二三、中原誠、佐藤康光、丸山忠久が記録)。


22:名無し名人:2014/09/25(木) 22:46:25.64 ID:Ij31F/lY.net
●13位 升田幸三

計7期(7)

羽生とのタイトル戦はなし

名人 2(2)
九段 2(2)
王将 3(3)

 実力制第4代名人。史上初の全冠制覇三冠王。

 「魅せる将棋」を大切にし、既成の定跡にとらわれず「新手一生」を掲げ、常に序盤でのイノベーションを数多く起こした。
 有名な新手には升田式石田流、雀刺し、急戦矢倉、棒銀、ひねり飛車、対ひねり飛車タコ金、角換わり腰掛銀升田定跡、駅馬車定跡、居飛車穴熊などがある。
 1956年(昭和31年)、弟弟子の大山名人(当時)との王将戦で、再び名人を香落ちに指し込む。今度は実際に対局し、大山に勝っている。「名人に香車を引いて勝つ」を実現した瞬間でもあった。
 後にも先にも、名人を相手に香車を引いて対局をしたのは升田幸三ただ1人であり、当然名人に香車を引いて勝ったのも升田幸三のみである。


23:名無し名人:2014/09/25(木) 22:47:16.53 ID:1/MSOagg.net
●13位 藤井猛

計7期(3)42.9%

竜王 4(3)
王座 2(0)
王位 1(0)

 ごぞんじ藤井システムの創始者。
 2000年度、第13期竜王戦七番勝負では羽生の挑戦を受け、フルセットの末4-3で下し、竜王戦史上初の3連覇を達成(後に渡辺明によって更新される)。
 羽生の挑戦を退けてタイトルを防衛したのは谷川に続き2人目である。


24:名無し名人:2014/09/25(木) 22:55:53.92 ID:S1x5ua7y.net
●11位 木村義雄

計8期(8)

羽生とのタイトル戦はなし

名人8(8) 永世名人

十四世名人。

 将棋界の第一人者として最強を誇り、当時の上位棋士を全て指し込むなど、戦前・戦中の将棋界に名を轟かせ、「常勝将軍」と呼ばれ恐れられた。
 将棋大成会の組織・運営にも辣腕を振るい、段級位の廃止や順位戦の導入を提案するなど将棋界の近代化に尽くした。
 将棋の連盟の度重なる分裂にも心を痛め、分裂の原因となっていた、師弟関係・親子関係を排斥するために、新進棋士奨励会を設立した。


26:名無し名人:2014/09/25(木) 22:56:43.78 ID:0NdoF+Hc.net
●11位 加藤一二三

計8期(8)

羽生とのタイトル戦はなし

名人 1(1)
十段 3(3)
王将 1(1)
王位 1(1)
棋王 2(2)

 ひふみん。

 1分将棋の神様。神武以来の天才。
 1954年に史上最年少棋士・史上初の中学生棋士となる。「加藤一二三四段」という、漢数字の並びが話題となった。
 2014年4月1日までの通算成績は、対局数2435(歴代1位)、1315勝(現役1位)、1119敗(歴代1位)


27:名無し名人:2014/09/25(木) 23:01:08.87 ID:nA8JGyZS.net
いよいよベストテンになりますが、いったん休憩します。


28:名無し名人:2014/09/25(木) 23:41:52.69 ID:ldCvTuHX.net
羽生と対戦してない奴は除外したほうがよりいいランクになると思う


31:名無し名人:2014/09/26(金) 00:28:50.86 ID:cFNjfIiP.net
面白いな
将棋データスレは斬新


29:名無し名人:2014/09/26(金) 00:18:04.76 ID:hnenuWqD.net
●9位 久保利明

計9期(5)55.6%

王将 3(2)
王座 2(0)
棋王 4(3)

 振り飛車党であり、藤井猛、鈴木大介と共に振り飛車御三家と呼ばれる。
 「捌きのアーティスト」「カルサバ流」「カルサバ日本一」などの異名を持つ。
 左利き。


30:名無し名人:2014/09/26(金) 00:18:46.33 ID:clv6Pyt7.net
●9位 郷田真隆

計9期(4)44.4%

名人 1(0)
棋聖 2(2)
王位 4(1)
棋王 2(1)

 プロ3年目の1992年度に、王位戦七番勝負(第33期)で谷川を4勝2敗で破り、初のタイトル獲得(1992年9月9日)。四段でのタイトル獲得は史上初。


32:名無し名人:2014/09/26(金) 00:31:25.25 ID:brN1Juof.net
●8位 南 芳一

計10期(7)70%

王将 3(3)
棋聖 2(2)
棋王 5(2)

 1980年度(昭和55年度)にプロ入りした強豪集団、いわゆる「55年組」の一人であり、タイトル通算7期は彼らの中で最多である。
 対局中、正座したままほとんど動かず、棋界一寡黙とも言われ、堅実で腰の重い棋風もあって石のお地蔵様と指しているようだとして「地蔵流」と呼ばれる。
 1988年に創設された岸和田市民栄誉賞(第1号)を受賞した。ちなみに2人目の受賞者は、2004年に受賞した読売ジャイアンツ(当時)の清原和博である。


33:名無し名人:2014/09/26(金) 00:37:13.94 ID:brN1Juof.net
●7位 渡辺明

計15期(14)93.3%

竜王 9(9) 永世竜王
王将 2(2)
棋聖 1(0)
王座 3(3)
棋王 2(2)

 魔太郎。

 2000年3月、第26回三段リーグで13勝5敗で1位となり、同年4月に15歳で四段昇段(プロ入り)。
四段昇段を決めたのが中学3年の3月であるため、史上4人目の「中学生棋士」と呼ばれた。
 2008年竜王戦七番勝負で竜王通算6期の羽生善治を挑戦者に迎え、勝者が初代永世竜王となる注目の七番勝負となった。 渡辺は第1局から3連敗したが、第4局以降4連勝。七番勝負のタイトル戦での3連敗4連勝は将棋界では初めての出来事であった(9か月後の王位戦でも深浦康市が達成)。これによって渡辺は竜王在位連続5期となり、初代永世竜王の資格を取得。現行の三段リーグ出身者として初の永世称号を得た。
 渡辺が永世竜王の資格を得るまでに獲得したタイトルは竜王のみであるが、ほかのタイトルを獲得しないまま1つのタイトルの永世称号を手にしたのは、名人戦以外のタイトル戦がなかった時代の木村義雄のケースを除けば、渡辺が初めてである。


34:名無し名人:2014/09/26(金) 00:42:34.35 ID:JNxOKblf.net
王座3(1)じゃないのか?


49:名無し名人:2014/09/26(金) 03:21:04.84 ID:Hed7FfZp.net
こうかな

●7位 渡辺明

計17期(14)86.6%

竜王 9(9) 永世竜王
王将 2(2)
棋聖 1(0)
王座 3(1)
棋王 2(2)


50:名無し名人:2014/09/26(金) 03:22:05.59 ID:Dx1c9bq8.net
計17期(14)82.4%


39:名無し名人:2014/09/26(金) 00:53:02.34 ID:Hed7FfZp.net
●5位 米長邦雄

計20期(19)95%

名人 2(1)
十段 2(2)
王将 3(3)
棋聖 7(7) 永世棋聖
王位 1(1)
棋王 5(5)

 前会長。

 エピソード多数のため割愛。
 1993年(平成5年)、第51期名人戦で、7度目の挑戦にして悲願の名人位を獲得する。49歳11ヶ月での獲得、50歳での在位(「50歳名人」)は、史上最年長記録。


40:名無し名人:2014/09/26(金) 00:54:01.85 ID:bVHAqDo2.net
●5位 森内俊之

計20期(12)60%

名人12(8) 永世名人
竜王 2(2)
王将 2(1)
棋聖 1(0)
王座 1(0)
棋王 2(1)

 女流棋士竹俣紅の師匠。

 強靭な受けに絶対の自信を持っており、ときに相手の攻めをわざと呼び込んでいるのではないかと思わせることさえある。通称「鋼鉄の受け」、「鋼鉄流」、「鉄板流」
 2007年6月29日、第65期名人戦で郷田真隆の挑戦を受け、4勝3敗で防衛。通算5期獲得となり永世名人(十八世名人)の資格を得る。
 バックギャモンの実力者でもあり、2014年8月に行われた第39回世界バックギャモン選手権では4位に入賞した。本格的に勉強を始めてから半年強での快挙であった。


41:名無し名人:2014/09/26(金) 00:54:55.86 ID:RXkprje3.net
●4位 佐藤康光

計30期(13)43.3%

名人 2(2)
竜王 3(1)
王将 7(2)
棋聖 7(6) 永世棋聖
王座 3(0)
王位 4(0)
棋王 4(2)

 羽生被害者の会会長。

 若手時代から「緻密流」と称される読みの深さで知られ、「1秒間に1億と3手読む」と形容されるほどである。
 2006年、史上初のタイトル戦5連続挑戦の記録を作り、うち、森内俊之から棋王位を奪取。
 将棋マガジン(日本将棋連盟)のコーナーである「佐藤康光と森内俊之のなんでもアタック」の1996年2月号の企画で、目隠し五面指し(目隠しした佐藤が、目隠ししていない5人のアマチュアと同時に対局)に挑戦し、反則なしの五戦全勝で見事に成功した。


42:名無し名人:2014/09/26(金) 00:55:47.15 ID:kz2z6Db4.net
●3位 谷川浩司

計43期(27)62.6%

名人 5(5) 永世名人
竜王 5(4)
王将 7(4)
棋聖 8(4) 永世棋聖
王座 4(1)
王位 9(6)
棋王 5(3)

 現将棋連盟会長にして羽生被害者の会副会長。

 他の棋士が思いつきにくい手順でたちまち敵の玉を寄せることから、「光速の寄せ」、「光速流」というキャッチフレーズが付いている。
 1976年史上2人目の「中学生棋士」となる。プロ将棋史上、中学2年以下でプロ入りした棋士は谷川のみ。
 1983年初タイトル・名人を獲得。史上最年少名人(21歳)の記録を打ち立てた。


43:名無し名人:2014/09/26(金) 00:57:22.47 ID:HZuIlXQT.net
 上位二人は羽生さんとの対戦はなし。

●2位 中原誠

計64期


名人15 永世名人
十段11 永世十段
王将 7
棋聖16 永世棋聖
王座 6 名誉王座
王位 8
棋王 1

●1位 大山康晴

計80期


名人18 永世名人
十段14 永世十段
王将20 永世王将
棋聖16 永世棋聖
王位12 永世王位


44:名無し名人:2014/09/26(金) 00:59:25.23 ID:IEL3jk/j.net
以上です。

こう見ると佐藤さんと谷川さんがえらく割を食っていたのだなと思います。


47:名無し名人:2014/09/26(金) 01:24:42.80 ID:NziqGjBT.net
>1です。
森内さんなんか名人通算12期となり、立派な大名人ですわ。
あと架空タイトルを入れて新しく永世称号を名乗れるのは、
谷川さんの永世棋聖だけというのが意外でした。


45:名無し名人:2014/09/26(金) 01:02:40.84 ID:M9BP+HEz.net
おつ。面白かった。
康光が棋界の第一人者になっているのは想像つかんね。

タイトル戦だけでなくて、挑決とか加味すると面白いかもね。大変だけど。


46:名無し名人:2014/09/26(金) 01:15:44.16 ID:ZD12MmKM.net
羽生が居なかったら谷川時代-モテ時代と言われていたし当然の結果かな

兎も角>>1


51:名無し名人:2014/09/26(金) 06:25:43.53 ID:4we0AnG0.net
もし羽生さんがいなかったら羽生世代の羽生ブーストがなくて
もう少し谷川時代が長かったかもしれないね


54:名無し名人:2014/09/26(金) 11:18:57.77 ID:FRjkNlv8.net
将棋の世界がつまらないものになってただろう
俺もたぶんこんなに夢中になってない…


55:名無し名人:2014/09/26(金) 11:29:50.46 ID:6XoMXUA0.net
あれ、藤井が全冠20連覇って内容かと思ったら、違うのか。
でも面白かったよ >>1


56:名無し名人:2014/09/26(金) 11:56:14.54 ID:fipS/ei5.net
羽生世代のやる気が減ってたろうな
もちろん全力で打ち込んだと思うがそれでも見上げる山は高い方がいい
将棋人口にも影響したと思う


57:名無し名人:2014/09/26(金) 12:08:49.28 ID:ah87UXPt.net
その他の棋界への影響も強い人だから、今とは全然違う時代になってただろうね


65:名無し名人:2014/09/26(金) 14:39:47.87 ID:zQA8GOeA.net
厳密には、羽生が居なかったと仮定すれば、もっとタイトルに挑戦できた棋士もいたよな。
羽生に挑戦者決定戦で敗れた棋士とか。

だから、羽生世代前後の棋士は、
このランキングの数字よりも多いタイトル獲得数になったはず。


66:名無し名人:2014/09/26(金) 15:05:47.11 ID:F4xj13NQ.net
羽生さんがいなければ、、

少なくとも将棋界の衰退が10年前倒しだったと思う


67:名無し名人:2014/09/26(金) 15:13:07.08 ID:1NpKTBz+.net
これだと挑戦者が必ず奪取する想定だけど、
実際は架空タイトル保持者が防衛するケースも多いから谷川や佐藤はもっと多かっただろうね





58:名無し名人:2014/09/26(金) 13:35:24.54 ID:y4YQ+W/a.net
>1です。

もしも大山康晴がいなかった場合も作ってみました。
影響のあった棋士を並べるとこうなりました。

●内藤國雄

計7期(4)

棋聖 4(2)
王位 2(2)
王将 1(0)

●塚田正夫

計8期(6)

名人 2(2)
九段 4(4)
棋聖 1(0)
王位 1(0)

●木村義雄

計9期(8)

名人9(8)


59:名無し名人:2014/09/26(金) 13:36:53.85 ID:QBXrn4T4.net
●加藤一二三

計15期(8)

名人 2(1)
王位 2(1)
十段 4(3)
王将 7(3)

●升田幸三

計22期(7)%

名人 9(2)
棋聖 2(0)
九段 3(2)
十段 3(0)
王将 5(3)

●米長邦雄

計23期(19)

名人 1(1)
十段 2(2)
王位 2(1)
棋王 5(5)
棋聖 9(7)
王将 4(3)


60:名無し名人:2014/09/26(金) 13:37:52.76 ID:HZuIlXQT.net
●二上達也

計23期(5)

名人 3(0)
棋聖 9(4)
王位 1(0)
九段 2(0)
十段 3(0)
王将 5(1)

●中原 誠

計68期(64)

名人15(15)
十段12(11)
王位 9(8)
王座 6(6)
棋王 1(1)
棋聖16(1


61:名無し名人:2014/09/26(金) 13:40:56.67 ID:7xWgBSZZ.net
こちらが正解でした。

●中原 誠

計68期(64)

名人15(15)
十段12(11)
王位 9(8)
王座 6(6)
棋王 1(1)
棋聖16(16)
王将 9(7)


62:名無し名人:2014/09/26(金) 13:43:22.50 ID:Hed7FfZp.net
大山被害者の会会長は二上さん。副会長は升田さんになります。
架空タイトル込みで永世称号を名乗れるのは、
升田さんの永世名人と二上さんの永世棋聖になりました。


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/bgame/1411647490/
100年インタビュー 羽生善治 [DVD]
NHKエンタープライズ (2009-02-27)
売り上げランキング: 23,374
[ 2014/09/26 12:00 ] ネタ | CM(54) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク

コメント一覧
  1. 2014/09/26 (金) 12:16:28
    あれ?6位の大山は何かの間違い?
  2. 2014/09/26 (金) 12:16:49
    藤井久保はもっと評価されるべき
    森内佐藤はもっともっと評価されるべき
  3. 2014/09/26 (金) 12:25:32
    そういやタニーやモテは羽生さんに100局以上負けてるもんね。
    それでも二桁在位を成し遂げているんだから見事なもの。
  4. 2014/09/26 (金) 12:27:09
    山崎の王座戦・・・
  5. 2014/09/26 (金) 12:32:49
    モテはまんべんなく誰に対しても強かったから、多分モテ時代だったと思う。
    屋敷が天敵くらいかな。

    森内は調子に波があるし、苦手な相手がそこそこいるからどのみちそんなに変わらなそう。
  6. 2014/09/26 (金) 12:39:10
    鰻屋さんはネタキャラしてるけど、久保,森内,モテは十分評価されてない?
  7. 2014/09/26 (金) 12:40:25
    考えてみたら、変態オールラウンダー佐藤康光は羽生がいなかったら、正統派居飛車党のままだったんだよね。

    それは非常にもったいない。
    ダイレクト向かい飛車も存在しなかったのかもしれない。
  8. 2014/09/26 (金) 12:42:44
    *1
    6位の大山は本スレだと、無視して、って言われてる。

    そもそも6位に大山が入ってることに違和感を感じない管理人がどうかと思うけど。
    1位にも大山いるのに。急いでて見逃したの?
  9. 2014/09/26 (金) 12:50:47
    大山が二回でてくるのはミスかな?
  10. 2014/09/26 (金) 12:52:15
    >>36をはぶいとけよw
    混乱したじゃねーか
  11. 2014/09/26 (金) 12:58:47
    羽生さんスゲー、そして羽生さんと闘ってたトップ棋士たちもスゲーってなる記事だけど、
    大山先生も活躍していた時期に五大タイトルじゃなく七大タイトルだったら
    80期に留まらずまさしく通算100期とってそうだな
    谷川、佐藤、中原先生でも到達できないところに大山、羽生がいるのか
  12. 2014/09/26 (金) 13:09:02
    ここの管理人って大山も知らないのか
  13. 2014/09/26 (金) 13:09:04
    6位の大山は省いて欲しかった
    ・・・ハブだけに
  14. 2014/09/26 (金) 13:30:11
    直ったか
  15. 2014/09/26 (金) 13:44:11
    羽生をハブと読む人はいなくなる
  16. 2014/09/26 (金) 13:53:42
    獲得賞金で考えると、羽生がいなかったら、
    谷川、森内時代だな。
  17. 2014/09/26 (金) 14:11:20
    >>11
    大山の時代は5冠だったからこそあれだけ長い間維持できたという側面も考えないとね
    タイトルが増えれば、当然すべて取ることの難易度は上昇する
    加えて、羽生大山の年齢時での対局数の大きな差を見てもわかるように、羽生のようにあれだけ過密日程をこなせていたかどうかもわからない


    まぁそれはともかくとして、この記事を見ていて思ったのは、永世位を複数持っている羽生・大山・中原の3人はやはり特別な存在ということ
    当たり前の事実なんだけど、他の棋士との大きな隔たりを改めて感じる結果だ
    森内や佐藤も大棋士なんだけど、この架空タイトルをもってしても、永世位はそれぞれひとつだけなんだね
    もちろんこのデータでは、羽生に挑戦することを獲得として計算している割には、(架空タイトルであったなら)そこからまた挑戦しなければタイトルを取れない点も考慮に入れなければいけないので、防衛戦のない棋戦優勝みたいなものなんだけど

    ひとりで64、80、89期というのはやはり異常だ
  18. 2014/09/26 (金) 14:29:39
    この記事を書いた者です。
    もしも羽生善治がこの世に存在しなかったらスレッドに、大山さんが存在しなかった場合をアップしました。そちらもみてやってください。
  19. 2014/09/26 (金) 14:33:04
    羽生さんがいない場合のタイトル数以外の違いもかなりあるだろうなあ。

    まず、序盤の緊張感は1/10だろ。
  20. 2014/09/26 (金) 14:37:43
    コレを見る限り羽生が居なかったら誰も大山中原と比肩する位置までは行かず谷川モテあるいは森内にもっとがんばれよと言ってるような時代になったのかな
    第一人者が居ない時代となるか群雄割拠の面白い時代となるかはなんとも言えないな
    谷川モテがこの数値以上に伸びてて文句なしの第一人者になってたかもしれないが
  21. 2014/09/26 (金) 14:49:40
    谷川は第一人者だっただろう
    羽生がいないと谷川時代がもう少し続き次がモテ
    ただ羽生世代の多くが羽生がいなければ自分達もここまではみたいに言ってるからなあ
    40代になってもタイトルを争うのが複数なんてなってないかも
    そして渡辺時代になるまで今の30代が僅かに輝くか
  22. 2014/09/26 (金) 15:03:47
    谷川時代のあとは佐藤康時代とは言われていたね

    森内はちょっと劣る
  23. 2014/09/26 (金) 15:03:57
    藤井の時代が長引いた可能性あるよね
  24. 2014/09/26 (金) 15:32:08
    *20
    おつ!
    将棋板にデータスレが増えていくといいね!
  25. 2014/09/26 (金) 15:34:47
    佐藤康光より 森内十八世名人の方が上だろ (名人通算8期は、大山、中原に次ぐ歴代3位である。)

    佐藤は、森内とくらべ獲得賞金が少なすぎる。A級からも落ちたことがあるし。
    「竜王・名人」最高タイトルを独占する器ではない。 森内は2度している。
  26. 2014/09/26 (金) 15:39:53
    羽生に引っ張られたことを考えると佐藤、森内は強いと思うが、ここまでの強さかは疑問。
    つまれ羽生世代に駆逐されたベテランの力が持つ状態に。
    中原、米長あたりが史実よりも頑張り、タイトル争いをする。
    90年代は、80年代の大山の役割を中原、中原の役割を谷川、55年組の位置を森内、佐藤、郷田あたりが担う。
    で00年代に入ると中原の力が衰え、谷川vs森内、佐藤らの世代の抗争。
    00年代終わりになると、それに渡辺明が加わるのは史実どおりだが、羽生ブームを見て将棋始めた20代の若手棋士が減ると思う。
  27. 2014/09/26 (金) 15:46:01
    羽生がいなけりゃモテは定跡党のままだったろな
  28. 2014/09/26 (金) 15:51:41
    今現在までの実績で言えばモテ≧ウティくらいの評価が妥当じゃない?
    ウティの名人獲得数は立派な記録だけど、七大タイトル獲得数や通算勝率はモテの方が上だし、直接対決でもモテが勝ち越してる
  29. 2014/09/26 (金) 16:04:42
    羽生がいなかったら、COMの脅威がもう少し早かったかも
    いや、羽生がいなかったらCOMの進歩はもう少し遅れていたか

    なんかのマンガで見たような展開だな
  30. 2014/09/26 (金) 16:21:18
    佐藤はモデルチェンジが裏目に出てるような…
  31. 2014/09/26 (金) 16:47:13
    データ作成者に敬意を表します

    とてもおもしろくてワクワクしました
  32. 2014/09/26 (金) 16:47:39
    羽生がいなかったらタニーが中原に肉薄してたんじゃないかな?
    勝ち抜いて挑戦するよりは番勝負だけでいい防衛のほうが番狂わせが起こりにくいだろうし

    ※32
    モテは腕力が万全のうちは変態流がプラスに働いているけど
    読めなくなってくるとすっぽ抜けが増えて一気に勝率落ちそう
  33. 2014/09/26 (金) 16:49:07
    佐藤と森内の勝率はほぼ同じ
  34. 2014/09/26 (金) 16:50:56
    データ者です。
    もしも羽生善治がこの世に存在しなかったらスレッドに、中原さんが存在しなかった場合をアップしました。そちらもみてやってください。
  35. 2014/09/26 (金) 16:52:46
    >36データ作成者でした。
  36. 2014/09/26 (金) 17:26:39
    さすがになんの意味もなさすぎるデータですわ
    指摘はめんどくさいからしないが
    本人が言うてるようにまぁお遊びだからええけど
  37. 2014/09/26 (金) 17:45:27
    羽生善治という棋士がいなければ俺が将棋に興味を持つこともなかっただろう
    アナザースカイで当時羽生二冠がゲストで出演しているのを見たのがきっかけ
    生きて将棋を指している羽生さんと同じ時代に生きてることが本当に幸せだわ
  38. 2014/09/26 (金) 18:03:39
    羽生に続く次の覇者は誰になるのだろうか
  39. 2014/09/26 (金) 18:24:50
    どれくらいタイトル取ってたら一流になるんだろう?
  40. 2014/09/26 (金) 18:29:30
    >41さん。
    データ作成者です。
    大山さんの催眠術云々は、私ではありません。
  41. 2014/09/26 (金) 19:01:02
    ま、冒頭にも書いてあるとおりお遊びですから
  42. 2014/09/26 (金) 19:02:37
    >>42
    50くらいかなあ。
  43. 2014/09/26 (金) 19:10:20
    12歳初段の藤井君は羽生、中原、大山に比肩するようになれたりするのかな
  44. 2014/09/26 (金) 19:11:26
    藤井君には豊島世代が壁になりそう
  45. 2014/09/26 (金) 19:21:53
    世の中には驚くほどヒマなヤツがいるんだなwww
  46. 2014/09/26 (金) 19:42:16
    >>30
    ビッグタイトルだと森内>>>佐藤だし

    羽生より先に永世名人資格を得て、名人位も現役最多。
    森内は竜王名人に2度もなってるし、
    名人戦で羽生を3年連続で退けた実績がある。
    さらに順位戦での強さは全棋士でダントツ。

    どう考えても森内>>>>>>>佐藤
  47. 2014/09/26 (金) 20:10:14
    羽生世代は羽生と競ったおかげで強くなったと思う
    羽生がいなければ谷川の天下が中原ぐらいは続いていたと思う
  48. 2014/09/26 (金) 21:07:50
    データ作成者さん、俺はこういうの結構好きなんで、
    奇抜な視点の分析を思いついたら、またオネガイシマス。
  49. 2014/09/26 (金) 21:13:48
    かずき…
  50. 2014/09/26 (金) 21:33:31
    まぁ条件として羽生の勝ち分をそのまま割り振った場合だな。
    羽生がいなかったら将棋界がここまで成長してきたかは分からんし、
    谷川が後世代に影響与えたように、全世代の多くの棋士に影響与えた気がする。
  51. 2014/09/27 (土) 00:41:15
    俺は、きっかけはモテさんだったけど、
    羽生さんがいないif歴史の将棋に興味を持ったかというと微妙だと思う。

    羽生さんがいてこそ、うてぃ、モテさん、深浦さん、藤井(俺にとって「てんてー」は井上九段)、
    さらにかじゅき、山崎、いろいろいろいろ…。

    どうにも特別な人だ。
  52. 2014/09/27 (土) 01:22:38
    もし羽生なかりせば、先ちゃんが小学生からの1970年生まれ棋士トップの地位をそのまま維持…
    は、ねーかw
    でも、タイトルの一つ二つは取れたかもしれない
    村山聖もチャンスくらいはあったかも
  53. 2014/09/27 (土) 08:54:47
    羽生さんて、オフの日って何してんだろ。

    あ、チェスかw
  54. 2014/09/30 (火) 16:25:45
    挑戦奪取だけじゃなく、タイトル挑戦にはさらに大きな影響があるだろうし
    防衛の歴史も変わるだろうからね
    この手の話って過去にも何度か同じようなこと言われてるし、
    取り立てて今ネタとしても書くことでもないような気もする…

    例えでわかりやすく出すと名人戦なんて森内名人は羽生挑戦者にしか負けてないから
    ずっと森内防衛でいたら郷田挑戦者は挑戦失敗で名人とれてない、ぐらいの事をしていかないと。たらればの話でもある程度整合性がなきゃ面白く無いし


    細かい数字出して無くても羽生がいたことで
    佐藤康光が大きく割を食ったのはみんなわかるだろw
    タニーもだけど、それでも谷川は一時代をちゃんと作ったし
    同世代の砂糖康光が一番きつかったとは思う
    その点で同世代の森内は他の棋士との対戦成績と比べても
    対羽生でそこまでの大きな割を食ってないところが森内という棋士の個性

    いいとかわるいとかどっちが優れてるって話じゃなくってね
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。
i2chmeijinad.png