佐藤紳哉七段、紳哉流の相掛かり38銀戦法をアピール ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

佐藤紳哉七段、紳哉流の相掛かり38銀戦法をアピール



将棋世界2024年6月号(付録セット) [雑誌]
マイナビ出版(日本将棋連盟発行)
2024-05-05

[ 2024/05/11 10:30 ] 棋士 | CM(22) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 2024/05/11 (土) 10:31:49
    はぁまた1ですか
  2. 2024/05/11 (土) 10:36:46
    候補にあがるとこまでは雑魚でもいくんだよ
  3. 2024/05/11 (土) 10:39:05
    思想が違うからダメ。
    相手の飛車の位置を見て自分の飛車の位置を決めたいだけで現代の飛車先交換が手損になりうるのようなものではないから
  4. 2024/05/11 (土) 10:42:11
    38銀って現代相掛かりの定跡中の定跡だけどこれって佐藤紳哉七段考案なのか
  5. 2024/05/11 (土) 10:54:38
    ※2
    よっ!名人
  6. 2024/05/11 (土) 11:12:54
    いいぞ!ヅラだけじゃないとこ見せてやれ!
  7. 2024/05/11 (土) 11:27:13
    3六步+3七桂+3八銀のアルファゼロ流と形だけなら現代相掛かりの源流になってると言える
    某将棋ブログによると98年の将棋世界の付録に飛車先交換を保留する手順を発表してたらしい
    更に後手が先後同型で来たら2五の高飛車とこれまたアルファゼロも指す手順を考案してたとか
  8. 2024/05/11 (土) 11:36:51
    奇抜すぎて誰も後追いしなかった
    現代将棋と思想の分断ができてしまったことが評価の分かれるところだな
  9. 2024/05/11 (土) 11:56:32
    古い手ではあるけれどこういうのはきちんと評価されてほしいね
    佐藤紳の三段リーグ突破や最高勝率賞の原動力となった手だし
    千田の38金29飛も後になって「中原が昔指してた」「俺も昔やってた」っていうのが多少湧いたけど
    後出しじゃ意味ないからね
  10. 2024/05/11 (土) 12:40:52
    6
    コメントがGGI臭
  11. 2024/05/11 (土) 12:42:14
    1
    よくこんなコメントに年単位で固執できるな
  12. 2024/05/11 (土) 12:45:17
    え、これ紳哉流なの?
  13. 2024/05/11 (土) 12:45:21
    3
    分かりにくい
    簡潔に無駄無く分かりやすく書けよ
  14. 2024/05/11 (土) 12:46:30
    12
    当たり前だ
    将棋ファンなら常識だぞ
  15. 2024/05/11 (土) 12:57:05
    一応昔は序盤研究家として有名だった
    羽生さんは同じく序盤で有名だった長岡やヅラシンとVSすることで苦手の序盤を克服した
    序盤が強くなったと思ったら頼みの終盤が弱くなっちゃったけどね
  16. 2024/05/11 (土) 13:48:06
    終盤は年寄りはみんな弱いぞ
  17. 2024/05/11 (土) 14:16:16
    本人が強くないと新戦法もあまり目立たない説
  18. 2024/05/11 (土) 16:13:40
    凄みたいに自分からアピールすれば取れることもある
  19. 2024/05/11 (土) 17:25:08
    新手は、それを使えば勝率高くなって広まり、タイトル戦でも好んで使われるようになれば受賞出来る
  20. 2024/05/11 (土) 17:50:22
    村田システムも王座戦の善戦があってこそ
  21. 2024/05/11 (土) 17:51:19
    13
    全然わかりにくくないが
  22. 2024/05/11 (土) 19:20:47
    13 ちょっとー!
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。
i2chmeijinad.png