高田明浩五段、小学生時代に藤井聡太少年より圧倒的に強いを否定 ~ 2ch名人

i2chmeijinad.png

高田明浩五段、小学生時代に藤井聡太少年より圧倒的に強いを否定






696:名無し名人: 2024/05/12(日) 21:46:14.23 ID:VnqMxrJ4
https://www.news-postseven.com/archives/20240512_1962130.html?DETAIL

「高田さんと藤井さんは、小学生のときに何度も対局しました。当時は高田さんの方が圧倒的に強くて、敗れた藤井さんが“もう帰る”と悔しがったことがあったそうです。
当時の藤井さんはそんな高田さんを意識するあまり、そっけない態度をとることもあった。ですが実力が逆転した中学時代になると、藤井さんの方から気さくに声をかけるようになったそうです。藤井少年の負けず嫌いがそうさせたのでしょうが、高田さんは態度の変わりように違和感を覚えたこともあったようです」

藤井より圧倒的に強いってすごくね


697:名無し名人: 2024/05/12(日) 21:55:19.08 ID:psLVpjLw
>>696
それ、藤井がマイナー戦法の右玉と戦ったことが無いからハメ殺されてただけだぞ
慣れてからは当然藤井が勝つようになった


702:名無し名人: 2024/05/13(月) 07:50:33.63 ID:/xrepoHK
>>696
>藤井より圧倒的に強いってすごくね

単に一回、数局指して右王に慣れていない藤井が負けただけだと思うが
小6の時の話だから藤井は初段に近かった訳だし「藤井より圧倒的に強い」ってのは言い過ぎ


707:名無し名人: 2024/05/13(月) 13:10:42.88 ID:tc61Xq4C
>>696
中学時代に実力逆転って藤井は小6でもう二段だったのに
将棋関係者誰だよ?幻か?


698:名無し名人: 2024/05/12(日) 22:01:24.22 ID:5pC7nzB3
よってたかって藤井をつよくするの序章だったんだな


741:名無し名人: 2024/05/14(火) 12:41:43.76 ID:AnBaJ06k
「最初は6割くらい勝っていました」高田明浩少年が得意戦法“右玉”を同い年の藤井聡太にぶつけた日
https://bunshun.jp/articles/-/51093

「師匠からは、藤井先生の10分の1も努力していないと。このままでは追いつくことはできない」
https://bunshun.jp/articles/-/51094

この文春の記事摘まんだだけだろ。これも読んでないのに応援スレで悪口書きまくるのかw


742:名無し名人: 2024/05/14(火) 14:21:45.98 ID:4caPy+gX
>最初は6割くらい勝っていました

って言ってたのが

>藤井より圧倒的に強い

ってことになってるから過去の記憶がどんどん美化されていってるのが見て取れる


743:名無し名人: 2024/05/14(火) 15:32:52.55 ID:6ND5swuh
>>742
>>最初は6割くらい勝っていました
最初3勝2敗だったんじゃないの
その後一度も勝てなかったかも


745:名無し名人: 2024/05/14(火) 16:55:27.89 ID:7MPJUlkP
>>743
2勝1敗スタートでそれ以降勝ち越さなかったのかも


高田明浩の右玉新時代 (マイナビ将棋BOOKS)
高田明浩
マイナビ出版
2022-10-24

[ 2024/05/16 08:30 ] 棋士 | CM(67) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |


スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 2024/05/16 (木) 08:30:32
    はぁまた1ですか
  2. 2024/05/16 (木) 08:34:06
    聡太世代の先崎ポジションになれる器
  3. 2024/05/16 (木) 08:36:14
    なんだかんだA級は行けそう
    藤井と同世代でキャラ立ってるから頑張ってほしいわ
  4. 2024/05/16 (木) 08:39:15
    なんでこういう記事って「まいりました」なの?
  5. 2024/05/16 (木) 08:39:55
    タカアキは強いよ
  6. 2024/05/16 (木) 08:39:59
    タカアキは地味に強い
  7. 2024/05/16 (木) 08:52:48
    フジソウには勝ててたかもしれんがイトタクには勝てなかっただろうな
  8. 2024/05/16 (木) 08:54:47
    ちゃんと上も下も剃髪して白装束で平伏して非礼を詫びるべき
  9. 2024/05/16 (木) 08:54:51
    渚ともう格付け済んじゃった感はあるな
  10. 2024/05/16 (木) 08:55:06
    確かにこの態度の変わりようには違和感を覚える
  11. 2024/05/16 (木) 08:56:39
    嫌味っぽい記事だな
  12. 2024/05/16 (木) 08:56:51
    「圧倒的に強かったのはケン玉!今でも負けないね!」勝ち誇った顔の高田でした
  13. 2024/05/16 (木) 08:57:33
    これからでも、10分の2くらい努力すれば抜けるだろう
  14. 2024/05/16 (木) 08:59:36
    イトタク世代の格付けは終わった
    イトタク>フジソウ>タカアキ
  15. 2024/05/16 (木) 08:59:51
    森内役が欲しいのであって先崎役はいらんよ
  16. 2024/05/16 (木) 09:01:48
    森内役は藤井だよ
  17. 2024/05/16 (木) 09:04:21
    羽生必敗の法則: あなたにも天才が倒せます 単行本 – 1996/8/1 田中寅彦

    どうすれば羽生善治に勝てるのか、弱点はどこにあるのか。羽生に勝ち越し、しかも8割という圧倒的な勝率を誇っている著者が、羽生攻略のノウハウを公開する。
  18. 2024/05/16 (木) 09:05:50
    タナトラすげえ
  19. 2024/05/16 (木) 09:09:22
    ※16
    藤井は谷川役
    イトタクが羽生役
  20. 2024/05/16 (木) 09:15:53
    ※2
    (聡太世代の先崎ポジションになれる器)

    ズバリの投稿だ。このコメ主 好感度高いわ
  21. 2024/05/16 (木) 09:22:38
    『小学生』な 『少』じゃない
    小3だったら書けるレベル
    管理人は小学生以下の漢字力なんか?
  22. 2024/05/16 (木) 09:49:41
    タイトルをちゃんと訂正してるやん
    次の記事を用意しながら仕事が早いのは立派
  23. 2024/05/16 (木) 09:54:21
    誰がこういう記事を書くのか気になったけど、将棋関係では割と珍しい無記名記事だった
  24. 2024/05/16 (木) 09:57:31
    康光も田中寅の本を読んでおけば、これだけ勝ち星の差=タイトル獲得数
    開かなかったと言うことか?  森下卓も一回は立ち読みしておけば良かったね。
  25. 2024/05/16 (木) 10:00:24
    ※16、19
    藤井は谷川役
    イトタクは羽生役
    山下が藤井役
  26. 2024/05/16 (木) 10:03:29
    七冠にリーチかけた大事な時につまらん話すんなと
  27. 2024/05/16 (木) 10:05:34
    心配するな、誰も思っちゃいないよ
    もしそうだとしても棋士になってからどうかの方がが問題
  28. 2024/05/16 (木) 10:12:04
    徳田先生も圧倒的に強かったしなんなら筋違い角でボコった有名な棋譜がある
  29. 2024/05/16 (木) 10:13:31
    そもそも多忙な八冠より努力の”量”で勝つくらいなら割と誰でもできる
  30. 2024/05/16 (木) 10:23:40
    最初は6割くらい勝ってましたってw 
    そんなこと言ったらイデオンだって負けてないんだから勝率10割でしょう?
    高田くんて何が何でも藤井くんより強かったと言いたい人なの?
    同い年じゃなかったら風貌と遅刻癖くらいしか話題にならなさそうな棋士なのに
  31. 2024/05/16 (木) 10:30:28
    23
    無記名記事って事は、叩かれる記事書いてると言うことは自覚してるって事だな
  32. 2024/05/16 (木) 10:32:47
    練習将棋の話はナンバーかどっかに載ってたからこの記者が盛ったうえで流用したんだろ
  33. 2024/05/16 (木) 10:34:18
    藤井イトタク藤本の成長スピードがヤバすぎるだけで高田もかなり有望な若手
  34. 2024/05/16 (木) 10:50:24
    高田五段のあの話知ってるひといる?
    詳しい人いたら教えて
  35. 2024/05/16 (木) 10:55:45
    25
    聡太は最年少名人七冠を同時達成➕全冠制覇
    羽生、谷川とは違う。イトタクは最年少名人は無理だが、七冠は目指せるので羽生を目指して頑張れ
  36. 2024/05/16 (木) 10:57:53
    藤井とイトタクは同世代なんだから谷川と羽生の関係にはそもそもならんだろ
    どっちも的外れなこと言ってんな
  37. 2024/05/16 (木) 11:07:28
    35
    だいたい最年少名人と七冠同時達成がどれくらいの偉業なのか伝えられてないのがモヤるな。
    タイトルとりなが失敗なしに順位戦を最年少名人可能なレベルで勝ち上がらないといけない。防衛獲得、順位戦を失敗なしにやり遂げる、なかなかできることではないのに。
  38. 2024/05/16 (木) 11:34:10
    ガキの時に先崎は羽生といい勝負していた的なはなしか?
  39. 2024/05/16 (木) 11:54:07
    いやでもこれ実際凄いぞ
    藤井が将棋を始めたのが5歳・高田が将棋を始めたのは9歳
    同い年で4年も差があって最初は少し勝ってたって

    ましてや小学生とは言ってもその時の藤井なんて奨励会初段とかだし
  40. 2024/05/16 (木) 12:18:03
    小学生大会ではイトタクに負けたのは事実
    でもそこから努力してここまできた
    高田に負けたら非常に悔しがったのは事実だろうな
  41. 2024/05/16 (木) 12:20:30
    ※39
    二人とも東海研修会に入っていたのでその頃の対局じゃないのか
    それか練習対局
    宮嶋や斉藤も東海研修会出身
  42. 2024/05/16 (木) 12:22:32
    イトタクは最も厳しいJT杯子供東京大会で優勝してる
    子供の頃から強かった(藤井も愛知大会で優勝してるけど)
  43. 2024/05/16 (木) 12:23:03
    将棋記事はゲンダイが最高峰
    ポストは取材すらしてなさそう
  44. 2024/05/16 (木) 12:37:13
    食事量では圧倒的に強い
    たぶん
    しかし、比べられるのは光栄ではあるかもしれんが辛い点も多いね。苦笑するしかないでしょ
    平社員から1つ昇格して現場リーダーくらいになった若手ホープが、話題の若社長と比べられるようなもん
  45. 2024/05/16 (木) 12:39:38
    豊島を筆頭に菅井やさいたろうも最初は藤井に連勝した
    その後どうなったかは語るまでもない
    藤井が負けるという事はそこから爆発的に成長するって事
  46. 2024/05/16 (木) 13:11:24
    おにぎりと左門とかいう人に似てることと遅刻が複数回と言う印象しかないわ
  47. 2024/05/16 (木) 14:33:55
    藤井や伊藤に比べれば成長が遅いものの10年後にはA級にいるだろう
  48. 2024/05/16 (木) 14:43:24
    プロになった直後とか書かれてるけど
    藤井がAI研究始めたの奨励会時代じゃなかったっけ?
  49. 2024/05/16 (木) 14:51:13
    マングース日浦は羽生キラーだった。今はあの通りの人になったとさ
  50. 2024/05/16 (木) 15:04:26
    今や羽生キラーどころか連盟キラーだもんな
  51. 2024/05/16 (木) 15:26:36
    記事も大概だけどまとめられてるレスも大概だな 何故こんなのをまとめたのか
  52. 2024/05/16 (木) 16:04:12
    ※41
    稲葉聡さんの研究会で一緒に勉強していた頃の話しではなかったかな
    右玉で藤井が高田に負けて、「負けたあ」と言って後ろにひっくり返ったという話し
  53. 2024/05/16 (木) 17:17:20
    ワキナナはチ.ビソウに1回勝っただけで未だに自慢してるくらいだ
    タカアキは複数回勝っているんだから、胸を張って自慢していい
  54. 2024/05/16 (木) 18:04:41
    >当時の藤井さんはそんな高田さんを意識するあまり、そっけない態度をとることもあった。ですが実力が逆転した中学時代になると、藤井さんの方から気さくに声をかけるようになったそうです。藤井少年の負けず嫌いがそうさせたのでしょうが、高田さんは態度の変わりように違和感を覚えたこともあったようです

    相手が格下とわかったら優しくなるとは、本当ならかなり嫌な奴やろ
    だいぶ話を作ってるんじゃね
  55. 2024/05/16 (木) 18:53:43
    お前らパカばっか
    女性セブン記者・編集者の飛ばし記事を高田がXポストで否定してんじゃん

    【悲報】藤井聡太の不調を飛ばし記事(将棋関係者って誰だよ、全国紙将棋担当記者って誰だよ)
        高田だけ否定してやがんの

    <高田 明 @akihiroShogi 2024/05/15 PM7:02ポスト>
    >小学生時代、藤井8冠より圧倒的に強いってさすがに笑ってしまうんですが💦
    >(圧倒的に棋力負けしていて、右玉が最初の数回たまたまささっただけ)

    <女性セブン2024年5月23日号> NEWSポストセブンより
     絶対王者が初の連敗を喫し、八冠陥落の危機を迎えている。かつて「同世代にライバルなし」とまで言わしめた天才に立ちはだかるのは、闘志を燃やす“因縁”の同世代棋士たちだった──。

     熱戦の終盤、追い詰められた藤井聡太八冠(21才)は苦悩の表情を浮かべた。厳しい戦いを物語るかのように、手にした扇子を力なくぽとりと落とす場面もあった。幾度となくため息をつき、天を仰ぐ。対局開始から約10時間、ひときわ深く息を吐いた藤井は、10秒ほどうなだれると「まいりました」と白旗をあげた。

     5月2日、将棋の叡王戦5番勝負の第3局が愛知・名古屋市内のホテルで行われ、藤井は挑戦者・伊藤匠七段(21才)に敗れた。藤井は4月20日の第2局に続いて伊藤に連敗を喫し、対戦成績は1勝2敗。タイトル戦で藤井が連敗したのは、今回が初めてのことだ。

     2016年に史上最年少(14才2か月)でプロ棋士になった藤井は驚異的なペースで白星を重ね、昨年10月には将棋の全タイトルを独占して「八冠」を成し遂げた。絶対王者を追い詰めた伊藤は、藤井の同級生で12年前から因縁の仲だ。

    「2人は小学3年生のとき、子供大会の準決勝で対決しました。そのときに伊藤さんが勝ち、敗れた藤井さんが会場中に響き渡るほどの大声で30分以上も大泣きしたというのは有名な話です。のちに伊藤さんは“藤井を泣かせた男”と呼ばれるようになりました」(将棋関係者って誰?)

     伊藤は17才でプロになるも、今回の叡王戦までプロとして藤井に一度も勝ったことがなく、対戦成績は11敗1分だった。だが直近の連勝は、決して不思議なことではないという。

    「若くして将棋界のトップに立った藤井さんは、“同世代にライバルはいない”といわれてきました。ただ、それは彼の出世が異様に早く、同世代にプロ棋士がほとんどいなかっただけという面もあります。伊藤さんは19才のときに新人王戦で優勝するなど、歴代の一流棋士と比べても遜色ないペースで出世しています。伊藤さんに限らず、近い将来、実力をつけた同世代の棋士が藤井さんを猛追するでしょう」(全国紙将棋担当記者って誰?)

     実際、藤井の無双を止めようと同世代の棋士たちが藤井に迫っている。なかには、伊藤同様に藤井との因縁がある棋士もいる。高田明浩五段(21才)はそのひとりだ。岐阜県出身の高田は、藤井と伊藤と同じ2002年生まれで、小学6年生のときにプロ棋士の養成機関である関西の「奨励会」に入会した。ちなみに、藤井は小4、伊藤は小5で入会していた。

    「高田さんと藤井さんは、小学生のときに何度も対局しました。当時は高田さんの方が圧倒的に強くて、敗れた藤井さんが“もう帰る”と悔しがったことがあったそうです。

     当時の藤井さんはそんな高田さんを意識するあまり、そっけない態度をとることもあった。ですが実力が逆転した中学時代になると、藤井さんの方から気さくに声をかけるようになったそうです。藤井少年の負けず嫌いがそうさせたのでしょうが、高田さんは態度の変わりように違和感を覚えたこともあったようです」(前出・将棋関係者って誰?)

     高田も18才でプロ棋士の仲間入りを果たし、着実に戦績を積み重ねている。昨年度(2023年度)の成長は著しく、プロ棋士のなかで勝率と勝数ともに6位にランクインした。なお、勝率1位は藤井で、勝数1位は伊藤だった。物静かな雰囲気の藤井や伊藤とは異なり、高田はどこか野性的な雰囲気の持ち主。同級生3人でタイトルを争う日も近いだろう。

    〓「藤井八段の勝利はうれしくなかった」

     さらに下の世代も台頭してきている。その筆頭が藤本渚五段(18才)だ。2022年に高校2年生でプロになった藤本は、現在最年少プロ棋士でありながら、昨年度、藤井と勝率1位を争った若手のホープ。

    「惜しくも藤井さんに次ぐ2位でしたが、プロ2年目としては驚異的な成績と言えます。物おじしない性格で、昨年10月に藤井さんが八冠を達成した際には“対戦相手を応援していたからうれしくなかった。悔しかった”とコメントしました。棘のある言い方に周囲はヒヤリとしましたが、あえて口にしたのは、将来の対戦を見据えた宣戦布告なのではとみた専門家もいました」(前出・将棋関係者)

     Mr.Children好きというやや大人びた18才は、打倒藤井へと熱い闘志を燃やしているだろう。

     藤本以上に藤井へのライバル心をむき出しにする棋士もいる。

    《藤井聡太さんです。いまはだいぶ先を行かれていますけど、早くタイトル戦に出て藤井さんと戦いたい》

    『Number』(2022年1月7日号)で、「意識している棋士」を尋ねられてそう明言した服部慎一郎六段(24才)だ。2020年にプロになった服部は、翌2021年に若手棋士の登竜門である「加古川青流戦」で優勝。2022年も新人王戦で優勝するなど華々しい成績を残し、同年度の将棋大賞の最多対局賞と新人賞を受賞した。

    「服部さんは藤井さんに追いつきたいという思いが強すぎて、焦りから自分のスタイルを見失った時期もあったほどです。それだけ藤井さんへの意識が強い棋士なんです。タフな将棋になる藤井戦を見据えて、棋士としては珍しく体力強化にも力を入れています。雨の日と対局日以外はランニングを欠かさないそうです」(前出・将棋関係者)

     こうした、若手の台頭には理由がある。ここ数年で将棋界は大きく変化した。AIを用いた研究で腕を磨くことが当たり前になり、藤井もプロになった直後からAIを活用。八冠の偉業につながったといわれている。スマートフォンやインターネットが身近にある「デジタルネイティブ世代」から、藤井の牙城を崩す天才棋士が誕生しても不思議ではないのだ。

     かつて、藤井と同じく若くしてタイトルを独占した羽生善治九段(53才)にも、佐藤康光九段(54才)、森内俊之九段(53才)といった同世代のライバルがいた。彼らは「羽生世代」と呼ばれ、互いに切磋琢磨しながら輝かしいキャリアを歩んできた。時を超え、現在は一歩先んじる藤井に包囲網が張られつつある。同世代棋士たちの“逆襲”に、将棋界が沸いている。

    ※女性セブン2024年5月23日号より
  56. 2024/05/16 (木) 19:11:51
    55
    藤井聡太マダムが買ってくれそうな雑誌記事を無名ライター数名に外注、女性セブン編集者が読者が喰い付くような脚色編集記事なのね
    それを高田がXポストで小学校時代、右玉が最初の数回だけささっただけと明かしたことで記事の信憑性が無くなったのね
  57. 2024/05/16 (木) 19:17:03
    55、56
    女性セブン編集者「物静かな雰囲気の藤井や伊藤とは異なり、高田はどこか野性的な雰囲気の持ち主。同級生3人でタイトルを争う日も近いだろう。」
     → この編集者は観る将の妄想癖、この掲示板の藤井アン常駐者?
  58. 2024/05/16 (木) 19:22:55
    女性セブン編集者を煽ったろ
    どうせ無名ライター外注もカラ発注、ホテル一室の取材経費も編集者が男遊びに使っているかもしれない…
  59. 2024/05/16 (木) 19:25:45
    藤井聡太マダムに怒られ
    女性セブン不買運動になってるぞ
  60. 2024/05/16 (木) 19:48:00
    ※53
    脇田は明日香のように早期引退コースに見える
    女流として一番年齢なのに昨年の勝率4割未満なので
  61. 2024/05/16 (木) 20:06:04
    やったね、右玉なら藤井八冠に勝てる。
  62. 2024/05/16 (木) 20:56:34
    俺的には高田が真のたっくん
  63. 2024/05/16 (木) 21:21:38
    【新人王戦】高田明浩五段が柵木幹太四段に勝利
  64. 2024/05/16 (木) 23:00:13
    ABEMAトーナメントでいずれチーム2002見られるかと
    思っていたけど
    イトタクと藤井がバチバチのタイトル戦やってるから
    高田も指名されそうもないな
  65. 2024/05/17 (金) 08:34:15
    髙田が棋士になったの2021年4月で、2022-2024の3回のドラフト会議でどのリーダーも1回も名前書いたこと無い辺りでいろいろ察してしまう
  66. 2024/05/18 (土) 06:40:34
    渚の養分
    ただの餌
  67. 2024/05/18 (土) 06:52:49
コメントの投稿
  

  


  

 ※禁止ワード「http://」 URLを書き込む場合、「ttp://」でお願いします。
i2chmeijinad.png